FC2ブログ

〝やま〟のボンデージ日記 (Yama's Bondage Diary)

革拘束、ラバー、PVCでのボンデージ&SMの記録。アダルトな内容を含むので18歳未満は閲覧禁止です。1ヶ月に1~2度程度の更新です。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

プロフィール

〝やま〟

物心ついた5~6歳の子どもの頃から革やラバーへのフェティッシュな趣味を持つ筋金入りのフェティシスト(S男性です。Mじゃないので誤解なきようにね)。

当初、〝なみ〟とのボンデージを記録して始めたブログだけど、諸事情あり、彼女はSMを卒業。彼女のススメもあって、素敵なM女性達と次々に出会いプレイをしてきたところ、ついに、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会う。現在調教中の記録をこのブログで公開。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝やま〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。

なお、このブログに掲載されている写真はすべてご本人の承諾を頂いています。

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
お知らせ (7)
フェティッシュの軌跡 (21)
やまのお気に入りビデオ (6)
革具の話 (9)
ラバーのお話 (10)
便利な道具 (6)
プレイのお話 (4)
アルファイン (4)
〝ゆえ〟の調教記録 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルファインのお部屋~604号室「狂い十字架」

alphainn604-1flsh.jpg
SMの基本、十字架!


アルファインのお部屋紹介、今回は604号室「狂い十字架」。

このお部屋、実は他のお部屋がみなふさがっている時でも、かなりの確率で空いているんだ。というわけで、〝やま〟は何度か利用しているお部屋。でもなぜ?

大型設備は以下の通り。

・変形十字架
・SMチェア


ベッドには手足枷がついている。もちろん、ムチや首輪などの小物は揃っているよ。

うーん、他の部屋に比べると、ずいぶんと物足りない?

実際、値段もレスト(休憩)が11,450円、ステイ(宿泊)が20,090とアルファインの中でもかなり安い価格設定。

一つ、決定的なのは内装の古さ。改装の少しずつ進むアルファイン、その中にあって、最も古い形を残している部屋じゃないかな。

そして、水回りがやや不便。シャワーや洗面台の水の出が悪いことがある。そして、浴室のドアの立て付けもやや難があり。

alphainn604fl-2sh.jpg
標準的なSMチェアもあるよ。


うーん、じゃ、この部屋しか空いてなければ、はずれ?

いえいえ、実はこの部屋には隠れた魅力が。

その1。明かり。

実はこの部屋、すべての電灯をともすと、かなり明るいんだ。アルファインの部屋って、照明が暗めの部屋も多いから、この部屋の明るさは嬉しい。特に撮影をするのに楽なんだ。ほら、愛奴を写すのにフラッシュって使いたくないじゃない。陰影がなくなるから。かといって、他の部屋では三脚などを使わないと、暗すぎてブレちゃうところも。

この部屋の明るさだと、カメラの設定を画面が荒れないレベルで高感度にすれば、かなりきれいに撮れる。それが魅力。

その2。コンパクトさ。

別の部屋の時にも書いたけど、部屋がコンパクトなのって、悪いことではないんだ。そりゃ、広い部屋だと、いろんな楽しみ方ができるよね。でも、コンパクトだと、移動の手間がはぶける。つまり、十字架やSMチェアで長時間相手の女性を責めたあと、くたくたになった女性をベッドに移す際、すぐそばにベッドがあれば便利だよね。これがたとえば203号室のように別室にベッドがあるとなると連れて行くのも大変かも。

部屋が小さいと言っても、SMプレイの王道である十字架とSMチェアがあれば、ボンデージ趣味の人にとってはかなりのプレイが楽しめる。しかも、ちゃんと一方の壁には鏡がはめ込んであるので、SMチェア、十字架ともに、拘束された女性が自分の姿を鏡で見ることができるんだ。そう、ちゃんとかゆいところに手は届く。そこがアルファインならでは。

alphainn604-3flsh.jpg
お風呂が狭く、水の出が悪いのだけが不満。


だいぶ前の事だけど、かなり経験豊かなM女さんをこのお部屋にお連れしたことがあるんだ。アルファインはよく来ているといっていたけど、いつもは別の広い部屋でプレイをしていたらしい。この日は月曜日の朝ということもあり、この部屋しか空いてなかったので、恐縮して、この部屋で満足してくれるかなぁと心配だったけど、杞憂。

SMチェアで1時間半、十字架で1時間、そしてベッドで1時間ほど責めたら、彼女、十分満足してくれた。

要は「キホン」はしっかりしている部屋だということ。あとはS男性の知恵でお部屋の使い方はいかようにも!

というわけで、この部屋しか空いていない!とガッカリせず、ぜひ使ってみて!そして、この部屋ならではの楽しみを見つけてみて!

アルファイン、また〝ゆえ〟を連れて行きたいなぁ…。


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

愉しい責め具、Urine Inhaler(ユーリン・インヘイラー)

urineihaler2016_1flsh.jpg
SMチェアに拘束された〝ゆえ〟
マスクから伸びたホースは手前のボトルに。
これがUrine Inhaler。


Urine Inhaler(ユーリン・インヘイラー)って道具を知っている?知っている人は相当なマニア。

日本ではなかなか手に入らない責め具なんだ。

見た目はめちゃくちゃシンプル。

普通のプラスチックボトルにチューブが1本差し込んであるだけ。自作したら、簡単にできちゃうよ。ホームセンターに行けば材料はそろうし、使用済みのペットボトルを使えばもの凄く安上がり!

でも、これがヨーロッパのSMでは結構な頻度で出てくる。特にラバー系の責めのAVに多いみたいだね。

数年前、〝やま〟はドイツのメーカーで購入したよ。

どう使うのかって?

これ、ガスマスクなどにつなぐんだ。

ガスマスクって、奴隷に装着させると、ただでさえ息苦しくなるよね。

そのガスマスクの空気取り込み口にこのボトルをゴムホースなどでつなぐんだ。

そして、このボトルを経由して、外に露出した細いチューブから空気を吸い込んで呼吸することになる。そのままであれば、なんの抵抗もなく息を吸えるから、責めにはならない。

ところが、このボトルに液体を入れてしまう。すると、チューブの外から取り込まれた空気は一旦液体に取り込まれそこからボコボコと気泡になった上で、ボトルからホースへ、そしてガスマスクへと移動。つまり、一旦空気を液体に通さなきゃいけないから、強く息を吸わなければ息ができないという仕組み。そして、液体の分量で、その負荷が変わってくる。

うん。呼吸責めの一種だよね。

〝ゆえ〟にもすでに何回か施している。彼女が息を吸い込む度に「ボコボコ…」という音がする。これをBGMにして、SMチェアなどに全身を拘束された彼女に電マなどで責めていくのは本当に愉しい!まるで手術室で人体実験をしているような雰囲気に!あるいは愛奴を快楽人形に改造人間(アンドロイド)化しているというような想像でもいいよね。

そして、リズミカルな呼吸が突然途絶えたら、それはオーガズムを迎えている証拠。場合によっては10秒近く、あるいはそれ以上、呼吸が止まるんだ。オーガズムはしばしば「小さな死」と例えられけど、それを実感するよ。相手のオーガズムの瞬間が「音」としてわかる…これは責めのタイミングを計るのにもとても便利!何度も何度もオーガズムを迎えることのできる女性の場合、その回数を数えながら責めをするのもまた愉しいんだ。

〝ゆえ〟とのプレイの場合、ガスマスクは彼女のつぶらな瞳の美しい顔立ちが良く見えるように、ガラス面の大きい消防士用の面体(マスク)を使っている。また、マスクと顔の間に隙間が出来ると、そこから余計な空気が入ってくるので、効果がそがれちゃう。そこで、潜水用のラバーフードなどで頭全体を覆ってからマスクを装着させているよ。

そうそう、一度、〝ゆえ〟がプレイの休憩中、シャンパンを口にしたことがあって、その直後の呼吸責め、酔いからか、恐怖感を感じ、あわててストップしたことがあった。こうした呼吸系の責めはデリケートな部分があるので、やはり、お酒などはやめた方がいいよ。パートナーには恐怖を感じさせないようにね。一般的に言っても、SMは「苦しみ」を与えても「恐怖」を与えてはいけないものだからね。


urineihaler2016_2flsh.jpg
ね、いたってシンプルな道具。
これなら自作も簡単にできそう。


ところでこのボトル、Urine Inhalerって名前でしょ?文字通り訳せば「尿吸引器」。そう、本来は水ではなく尿を入れるものなんだ。

ご主人様の尿を入れておく。すると奴隷が息を吸おうとすると、空気は一旦尿を通して出てくるから、強烈に尿の匂いが混じるんだ。それがガスマスク内を満たして、奴隷はつねにその空気を吸わなければいけない。マスクを外したあともずっと鼻腔内にご主人様の尿の香りがずっと残っているだろうね。これは相当な責めになるよ。

〝ゆえ〟の場合、まだ尿を入れての責めには至っていない。でも、そろそろタイミング的には大丈夫かな…と踏んでいるんだけどね。

〝ゆえ〟、どう思う?そろそろ試してみようか?(^^;)


読者の皆さんにご報告 ~〝ゆえ〟をご紹介します

yue1stflshrv.jpg
気品のある顔立ちでスリムな〝ゆえ〟に
マルゴ製革具の責めは良く似合うよ。


〝なみ〟がSMの卒業宣言をして数年が経つ。(皆さんも気づいていると思うけど、このブログへの記事掲載と実際の事柄が起きたあいだにはタイムラグがあることが多いんだ)。

その後、読者の皆さんもご存じのように、〝やま〟は新たなパートナー探しの旅にずっと出ていたんだ。

この間、多くの素敵なM女性たちと出会い、様々な体験をさせてもらったし、その一部はこのブログに書いた通り。まだまだ未熟なSとして、そんな〝やま〟を相手にしてくださったM女性の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいだよ。

さて、そしてついに、運命的な出会いが!!!

ずっと理想として思い描いていたM女性と出会ってしまったんだ。

名前は〝ゆえ〟。

出会った瞬間に衝撃を受けた。性格、容姿、すべてが自分が思い描いていた理想の女性。こんなことあるんだと、夢ではないかと自分で自分のほっぺたをひっぱたいちゃったくらい。

全身全霊、自分の生涯をかけて調教したいと思えた、初めての女性。

そして、〝やま〟が初めて奴隷契約書・誓約書を書かせた女性。

〝ゆえ〟とも話したんだけど、今後、このページで〝ゆえ〟との調教で気づいた事、考えた事なども掲載していこうと思うんだ。そして、〝ゆえ〟自身にも時には登場してもらおうと…。それもまた、SMやボンデージを楽しんでいる、あるいは、これからその世界に入ってみたいなと思っている読者の皆さんの何らかの参考になればと思って。

そして、それに先立ち、まず〝ゆえ〟からみなさんにご挨拶だよ。

皆様、初めまして。

この度、〝やま〟様の奴隷とさせて頂いた、〝ゆえ〟と申します。
とても不思議なご縁で、〝やま〟様に見つけて頂いたから、今があると言ったところでしょうか。
M女性としても、奴隷としても、経験が無い中、〝やま〟様を信じて、SM、ボンデージ、フェティシズムの世界へ入りました。
お見苦しい事ばかりかも知れませんが、外見も内面も素敵な奴隷になれるよう、精進して参りますので、宜しくお願い申し上げます。


〝ゆえ〟も言っているように、実はSMの経験がない女性だった。でも、〝やま〟は本能的に彼女のM性を確信したし、自分なら絶対彼女をMとして開花させることができると確信したんだ。本当にこれは不思議なんだけど、出会った瞬間にそれが自分でわかっちゃったんだ。

それにしても…。まさか、今になって、理想の奴隷に出会えるとは!夢というのはあきらめなければかなうものだね。

そして、その後、プレイを重ね、〝やま〟の直感は正しかったということがわかったんだ。

一方で、きちんと奴隷に正面から向かい合い、全面的に支配できるご主人様というのは、責任重大!その大変さ(…イコール「喜び」でもあるけれど)を日々改めて、実感しているところだよ。

でも、何よりも〝やま〟を信じてくれ、そして、〝やま〟だけの奴隷となることを快諾してくれた〝ゆえ〟に心から感謝するよ。

そして、奴隷探しの旅に出ている途中、ずっと見守り、時に叱咤激励までしてくださった、我がSMの親友であり師匠であるYさん(このブログの愛読者でもあるんだ)にも、心からの感謝の気持ちを伝えたい。

もちろん、今後も、このブログでは〝ゆえ〟との記録以外に、以前同様、革ボンデージやラバーに関する情報もお伝えしていくよ。

それでは、読者のみなさん、今後は〝ゆえ〟ともども、どうぞよろしくおねがいいしたします!


〝やま〟&〝ゆえ〟拝


アルファインのお部屋~505号室「萬華鏡」

alphainn505_1flsh.jpg
コンパクトで使いやすい。
そしてそこここに鏡が!


時々お届けしているアルファインのお部屋紹介、利用されるみなさんの参考になるといいな…。今回は505号室「萬華鏡」。

アルファインのお部屋のネーミングというのは本当に味わいがあるよね。もちろん、意味がある名前。万華鏡って、筒の中は鏡の組み合わせになっているでしょ?このお部屋は…その通り、壁、そして天井に鏡が…。

大型設備は以下の通り。

・吊り用滑車
・SMチェア
・十字架


もちろん、ベッドには手足枷がついている。当然小道具も壁に掛かっている。

設備としては少ない方かな。でも、何と言っても4つの壁、それぞれにサイズの大小はあるものの、鏡というのはうれしい!

吊りの設備もあるので、縛って吊った女性を鏡を通して眺めるのもSとして最高だし、Mとしても縛られている自分を鏡で眺めるのはますます快感を増すことになると思うな。

alphainn505_2flsh.jpg


何よりも鏡というのは、普段は見えない相手の後ろ側が見えるというのが新鮮な感覚。しかも、それも2枚、3枚と組み合わせる~つまり、壁2面、3面を通すことによって様々な角度からの相手が、そして自分が見える。つまり、自分たちのプレイがより立体的に見えるんだ!まるで自分たちをビデオに撮影して、それを見ている感覚。これはクセになるよ。

相手を鞭で打つプレイ。これって、相手に尻を出させて、そこに打ち付けていくと、通常はM女性の後ろ姿を見ることになるよね。ところが、この部屋だと、鏡越しに相手の表情も見える。そして鞭を打ち付けているSとしての自分の姿も。

これはもう他の部屋が利用できなくなるくらいの魅力!!!

alphainn505_3flsh.jpg


SMチェアも使い勝手の良い標準的なもの。そのままだと胴体と足を固定できるけど、さらに、壁の小道具一式に掛かっている手かせを頭の部分に取り付けられるようになっているので、手の拘束もできる。

おもしろいのは十字架。なんと、床の部分が透明な板になっていて、その下には蛍光灯が。

そう、女性の下半身を照らすことができるんだ。局部が明るくなるので、鏡に映したときにはっきりと見える。これも女性の羞恥心をあおる仕組みだね。

alphainn505_4flsh.jpg


ただ、公式HPの写真と違って、部屋全体はすべての明かりをつけてもかなり暗い。この点は撮影を楽しみたいという方には注意。そして鏡も普通の鏡と違って、反射面はやや暗くなっている。想像するに、法律の関係で、通常のガラスの鏡とは材質が違うのを使っているのかもしれないね。

滑車は1台。そして天井にフックが何カ所かあるので、吊りで責めたりするプレイにも使える。

お風呂は狭いけれど、水回りは特に問題なくOK。

お値段は休憩が12,530円、宿泊が23,530円。

部屋はさほど広くはないけれど、逆に言えばコンパクトにまとまっていて、とても使いやすい部屋だと思うよ。

鏡張りの部屋は普通のラブホテルではあまり目にしないし、実際にその中でプレイをしてみると、とにかく楽しいので、ぜひ、一度、みなさんにも体験してみてほしいな。

〝やま〟にとっては、空いているとぜひ使いたくなる部屋の一つだよ。



アルファインのお部屋~301号室「サド侯爵」 Alpha Inn - Room 301


alphainn301_0flsh.jpg
301号室のSMチェアは使い勝手がいいよ。
手枷はついていないので、壁にある手枷を持ってきて取り付けようね。
ちゃんと取り付けられる突起もチェアには付いてるよ。
SM chair in Room 301. The design is simple,
but it's quite practical and easy to use...



アルファインのお部屋紹介、今回は301号室「サド侯爵」。

アルファインでは全26室のお部屋をタイプ別にわけているんだ。

・スタンダード
・スワップ
・医療
・和風
・オールマイティ
・ビギナー
・中国風
・羞恥
・宇宙空間
・洞窟
・鏡


という具合。

今回の301号室は「スタンダード」と言われるカテゴリー。おそらく、十字架やSMチェアなどの標準的な設備が揃っているという意味だと思うよ。

実際ホテルの公式ホームページの記載では

・磔台
・SMチェア
・ギロチン


と3つの設備が書かれている。ベッドは手足枷つき。コイン式の電マも。もちろん、そのほかの様々な小道具が壁に掛かっている。

お部屋に実際に入ってみると、

実は「磔台」、1箇所だけでなく、吊るしタイプと十字架の2種類あるんだ。「吊るしタイプ」の方は、手枷の鎖がやや短くて、左右の手枷の間がやや広め。そのため、身長が低くい女の子には装着できない場合があるから注意。その場合は向かい側の十字架タイプの磔を。そちらなら大丈夫。

SMチェアは標準タイプのもので、壁に掛かっている手枷を頭の部分に取り付ければ四肢の拘束が可能。足は高く上げさせるタイプなので、局部の責めにはかなり便利。高さの調整は背面の下で行うけど、女性を拘束したあとで調整するのは難しいので、予め高さを決めておいてから、拘束しようね。アルファインではこのSMチェアを使うときに男性が責めをしやすいように、小さないすも置いてあるよ。

このお部屋で目立つのは3つの穴が横に並んで空いている不思議な板。サーカスで動物をくぐらせる輪っかに見えなくもない。一体何?

正解は…。はい、上半身を90度に前にかがめて…、真ん中の大きな穴に首を。そして付属している首輪で留めちゃいます。そして両手をその横の穴に。そしてやはり付属している手枷で留めちゃいます。はい、この状態。おしりがむき出しになりました。

うん、ここからはいろんな責めができちゃうよね。鞭打ちもOK。アナル責めもOK。ちょうど首が立っている男性の腰、ペニスの位置にくるのでフェラの時に重宝する。バイブ責めの時には、ちょうど、横にあるSMチェアには小さな腰掛けが置いてあるので、それを利用して、こちらは座ってゆっくりと責めてもいいね。


alphainn301_1flsh.jpg
左の道具が「ギロチン」
On the left is called "guillotine" but with no chopper.
Want to know how to use it? Just IMAGINE...
Good for felllatio and spanking. :-)


名前は前述のリスト、3番目にある「ギロチン」。

このギロチンにM女を拘束すると…、ちょうどわんちゃんが病気の時に、自分の体を舐めたりできないように、首に巻くプラスチックのものがあるよね…、エリザベスカラーって呼ぶらしいけど。あんな風に、M女の方からは自分の首から下は見えなくなるので、責めを見せたいのならば鏡の前に移動してから責めると良いよ。

このお部屋、水回りの調子はいいし、湯船も二人で浸かれないことはなく、プレイ後にまったりと、あるいは、プレイ前にいちゃいちゃとしながらお風呂をあびることもできるよ。

お部屋はそれほど広くない。けれども、バスルームを覗く窓があったり、その向こうは窓になっているので、意外と開放感を感じさせてくれる。

〝やま〟がこのお部屋を初めて使ったのは、SMは初めてという女性とプレイをしたときだった。

部屋の暗さは撮影にはデメリットだけど、逆にゆっくりとプレイを始める前、途中休憩、そして終わった後、お相手とお話をするには、むしろ落ち着いて、親密感と信頼感を醸し出すのにプラスに作用したという印象がある。そう、部屋が暗くて小振りなのもいいんだよね。

〝やま〟はプレイでは4~5時間部屋で過ごすのが常だけど、このサイズの部屋だとお互いの人肌のぬくもりを感じる事が出来るような印象。

お値段は休憩が12,530円、そして宿泊が23,530円と、アルファインの中ではやや安い方のクラスになってる。

全体の印象を言えば、とても使い勝手が良い、標準的なプレイをするのにちょうど良い部屋だと思うよ。

ところで、何で今回から写真とタイトルにへたくそな英語が書かれているのかって?

実は、最近アクセス解析をしてみたら、英語圏の方々の訪問が増えているんだ。残念ながら、記事全体を英語で書く力はないので、ちょっとだけ書いてみることにしたよ。色々と変な英語だと思うけど、笑って見逃してね。あ、でも、そういう人たちは機械翻訳を使っているのか…。気付くのが遅かった。(爆)

それにしても、ネットの世界って凄いね。ボンデージという趣味は国境を越えちゃうということを実感!


alphainn301_3flsh.jpg
他の部屋同様、小道具は部屋に備え付け!〝
やま〟は持ち込む荷物が減って嬉しい!
You can use so many items hung on the wall!



 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 〝やま〟のボンデージ日記 (Yama's Bondage Diary).All rights reserved.