FC2ブログ

〝やま〟のボンデージ日記 (Yama's Bondage Diary)

革拘束、ラバー、PVCでのボンデージ&SMの記録。18歳未満は閲覧禁止です。1ヶ月に1~2度程度の更新です。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

プロフィール

profpic2016-7bfl.jpg

〝やま〟

物心ついた5~6歳の子どもの頃から革やラバーへのフェティッシュな趣味を持つ筋金入りのフェティシスト(S男性です。Mじゃないので誤解なきようにね)。

当初、〝なみ〟とのボンデージを記録して始めたブログだけど、諸事情あり、彼女はSMを卒業。彼女のススメもあって、素敵なM女性達と次々に出会いプレイをしてきたところ、ついに、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会う。現在調教中の記録をこのブログで公開。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝やま〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。

なお、このブログに掲載されている写真はすべてご本人たちの承諾を頂いています。

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
お知らせ (8)
フェティッシュの軌跡 (21)
やまのお気に入りビデオ (6)
革具の話 (11)
ラバーのお話 (10)
便利な道具 (6)
プレイのお話 (4)
アルファイン (6)
〝ゆえ〟の調教記録 (8)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ドア&ベッドハーネス、ドアストッパー ~ 便利な小道具


こうしてベッドに拘束すれば自由に遊べるね。


SMプレイの基本は拘束。

とはいってもパターンは色々あるよね。単に後ろ手錠だけでも良いし、設備が整えば、天井からの吊りだったり、SMチェアだったり。でも、相手が快楽に安心して身をゆだねつつ責められる…ということになると、何と言ってもベッド。そして、ベッドの四隅に革の手枷足枷があればベスト。

手足を固定した上で、バイブなどで責めたり鞭を打ったり…。SMの楽しみと快楽が結びつき、M女性も100%身を任せてくれそうだよね。

でも、それってやっぱりSMホテルにいかないと無理。

普通にシティホテルや高級ホテルでSMプレイとなると…。

そこで登場するのが、この商品!とまるでテレビショッピングみたいな説明だね。

bedharness01wm.jpg

この丸まったベルト。「ドア&ベッドハーネス」という商品。実は広げるとほら、この通り!何カ所か留め金がくっついた頑丈なベルトになっていて、両端はバックル。そうなんだ。ベッド(名前通りドアでもいいけど)にぐるっとまわしてバックルを留めると…。

bedharness02wm.jpg

さらに留め金(プラスチックだけど)に手枷、足枷を付けると、ベッドがあっという間に拘束道具に。アメリカ製。さすがに合理的な国らしい発想だよね。ベルトの長さは結構余裕があって、細かく調整できるんだ。シングルベッドでもいいし、ダブルベッドでも十分余裕。

これにやまが日頃愛用している目白アールの手足枷を付ければ完璧!シティホテルでも自宅でもどこでもベッドさえあればSMベッドに早変わり。冒頭の写真がその状態での二人のラバープレイ。

アダルトショップの通販で2本セットを6千円前後で購入。これは便利な商品だよ。SM好きならば後悔しない商品だと思うな。もう5年以上使っているけど、丈夫で長持ち。(その後、コメントを頂いたのを機に調べてみたら、残念ながらこの製品の販売は終わったみたいだけれど、アマゾンなどで同様の商品が沢山出ているので、そちらをどうぞ!)

いや、ベッドよりもM女性の立ち姿を堪能したいという向きにはこちら。

bedharness03wm.jpg

こちらはドアストッパー。写真のパーツに手枷が付いて2個セット3~4千円程度で売られているものだけど、やまの場合は愛用の手枷に取り替えて使っている。これ、ドア上部の隙間などを利用して(だからレールがついている引き戸はダメ)、ベルトを通し、プラスチックの透明パイプでできたストッパーをドアの反対側に引っかけることで、手枷をまるで壁に取り付けたように使える便利グッズ。

bedharness04wm.jpg
美しいなみを簡単に拘束できる幸せ…。

SMホテルで十字架などを使うよね。あの代わりに使えるもので、とても便利。十字拘束の上で、電マなどをあてて強制的にオーガズムに導き、瞬間、膝が崩れ落ち、全身が手枷だけで吊られた状態になる。あの姿を見るのはS的には最高の一時、それを手軽に自宅などでも味わえるのは便利!

いつかは自宅にSM部屋を作りたいといのはSMファンなら気持ちは同じ。でも、実際には自宅って、友人や親戚が遊びにきたりするし、そういう部屋を作るのは難しいよね。それにそもそも日本の狭い住宅事情がそれを許さないし…。でも、こうした便利グッズがあると、ちょっとした工夫で、一時的に自室をSMルームに出来るわけで、ホント、ありがたいよね。

というわけで、今回はちょっと便利な小物の紹介、みなさんもぜひどうぞ!





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 〝やま〟のボンデージ日記 (Yama's Bondage Diary).All rights reserved.